2004年11月27日

Jello Biafra & Melvins

一曲拾えます。

ジェロっていえば、もちろんDead Kennedysです。
ジェローっていえば、寒天を固めた色とりどりのゼリーの素ですね←全然関係ないし(^_^;)
Melvinsってのは、subpopレーベル出身の、グランジの連中ですね。カートコバーンも大好きだったとかいうバンドです。

さておき僕の場合、Dead Kennedysはよく聴くんですけど、ジェロのソロは聴いたことありませんでした。ジェロが一体どうしてMelvinsと一緒にアルバムを出してるのか、サッパリわかってなかったし。

要するに、Jello抜きでDead Kennedysが再結成したものだから(時々こういうわけわかんない再結成ありますよね。デヴィッド・バーンのいないトーキングヘッズとかそういう)、メルヴィンズが、「俺らがバックバンドやるからデッド・ケネディーズやろうぜ」とか声をかけたらしいんですね。


posted by キャラメル at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | mp3関連2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。