2004年12月07日

TAKEN steven spielberg tobe hooper

コタツを出すために一階を掃除していたら、TAKENのビデオを見つけました。貰い物です。ずっと観てなかったのですが、さっき、一巻を観てみました。

一巻の監督はトビー・フーパーです。

一巻を観た限りでは、まだこれが今後面白くなっていくのか、イマイチ分かりません。それよりも心配なのが、いくら部屋を探しても、九巻までしかビデオがないんですよね。とろが、どうやら十巻が最終巻らしいんですよ。。

このまま観続けて良いものなのかどうか。。
posted by キャラメル at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

友達と話していて、『いつごろドラえもんを観なくなったのか』という話になって、

その場でテキトーに考えました。

A もしもボックスさえあれば、ドラえもんの持ってる全ての道具が不要なばかりでなく、そもそもドラえもん自体が不要になってしまうことに気付いた頃。
posted by キャラメル at 19:37| Comment(6) | TrackBack(0) | テレビ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月26日

pamela andersonとかVIPとかPETAのこと

チョビヒゲが中心からちょっとずれてるとか、この世界の趣味の良いもの全部の敵、とか散々なことを書かれてるTed Nugentでさえ、少なくともPETAのメンバじゃないところは救いだとか言われるくらいPETA(動物愛護団体)ってのはそのなんだか破天荒な活動ゆえ、存在自体がギャグになっているわけです。

日本の各種サイトでもしばしばネタにされてますね。

さておき、そのPETAのメンバでもあるパメラ・アンダーソン主演のドラマ、『VIP』がテレビ東京で平日にやってるって話を以前書きました。

平日、観れる日はたまに観ています。一昨日は、最後の十五分だけ観ました。でも、なんか(最後の十五分だけしか観てないことを差し引いても)イマイチよくわからないストーリーの回なんですよ。

<一昨日の回の、最後の十五分の展開(うろ覚え)>

@場所は分からないんですけど、どっかのデカイ会場のステージの上で、B−52’Sが『Love shack』を演奏してる。そのステージの上で、一緒になって踊っているパメラ・アンダーソン。

Aステージを離れたパメラ・アンダーソン、会場の裏手(?)で爆弾を探している。

Bそこにステージを終えたB−52’Sのメンバが一人通りかかる。そのメンバのかぶってる青いトンガリ帽子の中から爆弾が発見される。

C無事、爆弾処理。

Dその頃、先ほどのステージ上では、ポール・マッカトニーが演奏している。

Eポール・マッカートニー、演奏を終える。

Fポール・マッカートニー、話し始める。
「動物は隣人です。隣人に対しては〜うんぬんかんぬん」

Gポール、パメラ・アンダーソンをステージ上に呼ぶ。

Hパム、演説開始。要約すると「PETAを今後ともヨロシク」


なんですか、このドラマは Σ(゜ロ゜)
posted by キャラメル at 14:15| Comment(7) | TrackBack(0) | テレビ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。