2006年01月01日

大晦日格闘技についての、箇条書きでの感想

<プライド>

・どんな番組であれ、6時間近く観るのは物凄く苦痛。

・しかも案の定、始まって一時間以上経っても一試合目が始まらない。

高田は昔から2丁目方面で大人気らしいですが、毎年フンドシ姿を見せるとはなかなか商売上手です。

菊田早苗の寝技の巧さがあそこまで存分に観れた試合はなかなかなかったので嬉しかったです(修斗時代からの菊田ファンなので。トーナメントオブJはリアルタイムでは観てないですけど、ビデオでは観た)

・しかし、驚くくらい桜庭には興味がなくなってしまいました。昔はワクワクしたものですが。でもがんばってはほしいです。その昔なら、サクラバロックからの流れで腕関節がきまったらかなり嬉しかったものですが。ちなみに解説者がこの場面で言ってたホイス云々発言は、おそらくヘンゾの間違いかなと。

小川は簡単にパスガードされるし、なんだかこの程度の選手だったのかという印象です。ここまで吉田と差があるとは。それにしても吉田は強くなりましたねー。

五味はプロデビュー当時から試合を観てますし、思いいれがある選手ではありますが、圧倒的に僕はマッハの方に思いいれがあるんですよ。アマチュア時代から、強い選手がいるらしいって聞いてて、プロデビューしてからも圧勝続きでしたし。一方の五味は、パンチ巧いしレスリングも巧いけど、なんか判定までいっちゃう選手ってイメージでした。それが今やこんな結果に。残念です。
 というか、マッハなんて新しい世代の選手というイメージだったんですけど、いつのまにかベテラン扱いなんですねー。

ダンヘン。ダイジェストかよー(´エ`υ)

ナツラは、最後のあたりで急にあっさりとパスガードされてましたけど、あれはなんだったんだろう。

・なんでグォン・サンウ? いや別に見ないだけなので一向に構いませんが(´エ`υ)

<K−1>

YAZAWA登場場面は、安心して裏番組(プライド)を観られる絶好のチャンスでした。

永田は、むか〜〜しのダニエル”ビースト”スバーンとかあのへんの、タックル→テイクダウン→上になったものの何もできない という最近あまり見ないような、レスリングしかできない選手でしたね。ってまあ、そりゃそうか。

・思った以上に山本須藤戦を観てても気持ちが盛り上がらなかったのは、たぶん長時間テレビを見続けていたからでしょうね。
posted by キャラメル at 10:22| Comment(2) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

いつのまにかアマゾンでスポーツ用品のコーナが、

できてたんですね。

いくつかほしいものがあったので、グッドタイミングです。
あー、でも今見ましたけど、まだあんまり品揃え良くないですね(´エ`υ)
posted by キャラメル at 10:33| Comment(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

william hill

もうワールドカップの倍率が出てるんですね。

ブラジルが3.75で1位です。
posted by キャラメル at 20:58| Comment(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

W杯では勝てる!!ジーコ日本、ブラジルと2発ドロー

とか。

(ジーコ)監督は「来年はブラジルに勝てるか?」と問われ、こう答えた。
 「Maybe(メイビー=多分)!」。
世界王者に勝てる。もう夢ではなくなる。1年後、必ず現実にしてみせる。



『May be』?

may beって言い回しは、可能性をあらわす表現の中では、『かなり低い可能性の場合』に使う言葉なんですが。
訳すなら、「かもね」くらいでしょー。
そうすると、全然ジーコ発言のニュアンスが違ってくるんですが(´エ`υ)
posted by キャラメル at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

中村俊輔、スペインへ移籍

このニュース自体は、数日前から知ってましたが。

デイリースポーツだと、

スペインリーグ1部のアトレチコ・マドリードとデポルティボ・ラコルニャからオファーがあったと報道されたことについて、MF中村は素直に、新天地への移籍へ前向きな姿勢を示した。


他のスポーツ新聞も大体こんな論調でした。

が、これが夕刊フジだと、

スペインのアトレティコとデポルティボの2クラブが名乗りをあげているが、本人は「レギュラーでプレーできることが条件」と乗り気ではないらしい。


今回の夕刊フジの記事は、全体的に物凄く悪意ありまくりな感じです。
posted by キャラメル at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

昨日のサッカー北朝鮮戦のさなかに、周りで飛び交ってた携帯メール

<試合開始>

中田浩二ってハゲそうな頭だょな。

柳沢は、合コン大魔王と呼ばれるだけあって、エロさが顔に出てるよな。好きだけど。

鈴木って遠目にも、プレーのぎこちなさのせいで、他の選手と区別つくよな。

まあな。しかし今日の鈴木は、髪型だけはいつもより良いね。

柳沢は年々ルックスが悪くなってきてないか?まだイイ男の範囲内ではあるけど。

反面、田中は歳とると良い顔になりそう。

田中誠は、ジュースとか買いに行かせるとイイ仕事しそうなパシリ顔で、結構好き。

今の加地のシュートは、V2ロケット並みの射出角度で、あさっての方向に飛んでいったな。


<後半開始>

中田浩二のセンタリングは、もはや『centering』ってゆー言葉の概念から、かけ離れすぎてるよな。フリーバッティングとかに近いよな。

小笠原って雰囲気が、じゃがいもっぽいよな。

福西って、誠実だけどイマイチ人気が出ないホストにいそうだよな。

なぁ。あの、試合後のボクサーみたいな見た目の選手だれ?

A 加地。

つーか大黒って、ちょっと松井秀喜に似てないか?

似てると言えば、まったく関係ないが、格闘家の川尻達也って、水泳の山本貴司に顔が似てるよな。

いや。川尻が似てるのは、レスリングの伊調千春だろー。

その3人は全員、耳がマルコ・ファスってだけじゃないのか。

あー。たしかにファス耳だ…ってサッカーの話じゃないし。


<試合終了>

勝ったねー。良かった良かった。
posted by キャラメル at 21:55| Comment(8) | TrackBack(2) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

PRIDE(武士道) 5.22をテレビで観ました。

結果。

昨日、深夜にテレビをつけたら、いきなり放映中なんだもの。てっきりもう地上波ではやらないのかと思ってました(´エ`υ)

<観た感想>

・カードが異常に豪華だなヲイ。

トップファイターじゃないのは、キム・インソクだけでしたね。ただ、キムは元来、もっと軽い階級だし、そもそもマッチメイクがきつかった。

・三島残念。

三島、好きです。彼は強いし、体も凄いし、ルックスも悪くない。でも言動がなんかヘンでイイですよね。昔、格闘技通信を読んでいたら、インタビューでこんな感じのやりとりをしてました↓
三島「試合に出るために(大阪から)東京に出てくるのが苦手なんですよ」
「なぜですか?」
三島「東京ってなんか絡まれたりとかしそうじゃないですか…」


いや、あなた絡まれても勝てるから(´エ`υ)

・イーブス・エドワーズってなんか強くなってないか。

昔はもっと弱い選手だったような。

・ミルトン・ヴィエイラってルタの選手なんだ! ていうか、ルタの選手、久しぶりに観た。

一時期はルタの選手っていっぱい観てた気がするんですが、最近あんまり観ないなーと思ってました。

・マッハ、今でもちゃんと強いじゃないか。

マッハって、猪木アリ状態になると、必ず両手を腰に当てて仁王立ちになるんですよね。久しぶりに観ました。相手の選手も足が効いてたし、かなり強そうだ。

・郷野って成長したなー。

郷野って修斗時代は、『打撃はイイけど、全体的に大味で勝ちきれない選手』ってイメージでした。その後パンクラス行ったあたりから強い強いと聞くようになってました。(僕自身はまともに試合を観るのは久しぶりなんですが)たしかに強いですねー。

・五味つよっ。

昔、五味のデビュー2戦目を観たことがあります。後楽園ホールで。たしか七試合くらいあった日で、第5試合が郷野、第6試合がマッハ、メインが佐藤ルミナでしたね。豪華だな。

で、昔の五味って、打撃はイイしレスリングもイイんだけど極めが弱くて、強い相手だと判定勝ちが多いイメージでした。
posted by キャラメル at 16:01| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

Iran v Japan

william hillだと、こんなオッズらしいですな。

Home  Draw  Away
2.10   3.20   3.00


ホームのイランの方が、ちょっとだけ倍率が低いです。
posted by キャラメル at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

K-1とかPrideとか

昨日のK-1Pride観ました。
両方の大会を通じて観たかったカードベスト3は、

@五味ーパルヴァー
A近藤ーダンヘン
Bマサトーキッド


でした。ちうか、パルヴァーってUFCの試合を観てると、憎らしいくらい強いイメージがあるんですが。五味強いですねえ。
posted by キャラメル at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

格闘技blog

僕は格闘技ファンなんですが(修斗で朝日昇が無敗だったころからかな)、スポーツに関しては、元々南米でサッカーやってたような人間でもあるので(笑)、サッカー好きでもあります。そして、その二つ、つまりサッカー格闘技を比べたときに、『格闘技の方がより好きだ』という時期が長かったんですね。

ところが、日韓ワールドカップの一年位前から、サッカーの方がより好きになりました。それ以来、ずっとサッカーの方が好きです。理由をいくつか挙げてみると、

@日本サッカーが強くなってきた。
Aとりわけサッカー選手の海外進出が進んでから、ワールドサッカーがより楽しくなった。
B修斗がパッとしなくなった。

トいう感じです。まあ、これだけなんですけどね(^_^;)

でも、格闘技に関してもそれなりにチェックしてきました。
でも、僕は家にペイパーヴューを導入してないので、おのずとチェック対象は、

@地上波放送(PrideとかK-1とか)
A格闘技通信、GONG格闘技といった雑誌
Bウェブサイト(bout reviewなど)


でした。
最近は格闘技を扱ったblogもチェックしてます。でも、国内で上記のような媒体から普通に手に入る情報には限界があるので、雑誌を読んでもサイトを読んでも多くの場合、それほど新鮮じゃないんです。

でも、このbloghinerin's)は最高。どう最高かというと、

@物凄い長文のエントリが多いんですが、文章が凄く上手い。
Aひねさん自身が格闘技道場に通ってる人なので、技術論などのディテールがやたらディープ。
B他ではなかなか知ることができないアメリカの格闘技サイトで拾った情報が嬉しい。
posted by キャラメル at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

ヨガ

今日、衛星第一の番組を観ていたら、マッチョなアメフト黒人が出てきてヨガの良さについて語っていました。ついでに、好きなヨガポーズなんてのを披露していたわけですが、そんな番組を観たせいでしょうか、ふと気になって、ヨガサイトをチェックしてみました。続きを読む
posted by キャラメル at 21:15| Comment(5) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

韓国紙が『FIFA FEVER - CELEBRATING 100 YEARS OF FIFA』の内容について怒ってるらしいですね

僕は毎日、朝鮮日報東亜日報日本語Webサイトを読んでます。日本の新聞との、視点の微妙な違いが色々な意味で面白いんですよ。

さておき、今日の朝鮮日報東亜日報はどちらも、このDVDについて文句をつけてます。

韓国協会、FIFAの「誤審論争DVD」に遺憾表明へ
W杯10大誤審疑惑に韓国関連4件 FIFA資料

要するに、日韓ワールドカップでの韓国の試合が、このDVDの『ワールドカップの10大誤審疑惑』っていうコンテンツで、6〜9位まで占めてるらしいんですね(^_^;)

ちなみに、6,7位がイタリア戦でのヤツ。
8,9位がスペイン戦でのヤツ。

<読んだ感想>

一つのワールドカップで、一試合に二つもあやしい判定が含まれた試合を、二試合も経験して、しかも勝つとは凄いなー。

イタリア戦の誤審くさかったやつって、『ビエリのゴールがオフサイド』だったような気がしてたんですが、トンマージってなってるなー(記憶違いかな)。

・どっちにしても、イタリア戦のオフサイドは、よくありがちな誤審じゃないんだろうか。ベスト10入りするほどのもんでもないような。あと、トッティのシミュレーションも、ありがちな微妙な判定にすぎない気がする。

・ユ会長のコメントがヘンだ。
「ユ局長は「ブラッター会長も当時、審判が韓国に味方したという一部の陰謀論を『一考の価値もない』と述べている。FIFAがなぜこうした資料を制作したのか疑問」と述べた」
陰謀論じゃないけど誤審ってのは、サッカーの試合では(当然のことながら)いっぱいあるわけで、陰謀論が荒唐無稽だとしても、誤審かどうかとは全然無関係の問題だし。
posted by キャラメル at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

おそらく多くの人にとって盲点になってそうな問題を出してみたり

さて、イチローが257〜259本までヒットを打ってシスラーの記録を抜いた日のマリナーズ戦は、マリナーズが勝ったか負けたか?
続きを読む
posted by キャラメル at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月17日

筋トレ関係の掲示板を覗いていた時に笑った書き込み

<筋トレ中級者が質問して、上級者が答えてる場面>

<質問>プロホルモン(ドーピング検査に引っかかる禁止薬物の一つ)って副作用はどんな感じですか?

<答え>とくに副作用らしい副作用はありませんよ。強いて言えば時々心臓が痛くなるってことくらいですかね

心臓が時々痛くなるってかなり困るんですが_| ̄|○
posted by キャラメル at 18:26| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月14日

「マネーボール」(マイケル・ルイス) スポーツに関する本 (1)

6f9b8c7a.jpgマネーボール」(マイケル・ルイス)読みました。アスレチックスGMのビリー・ビーン(およびその戦略)についての本。

最近のアスレチックスは、五年連続かなんかで(あやふや)ポストシーズンに進んでいる一方で、選手にかける予算が全米球団中20位台です。つまり、低予算で好成績を収めてるわけですな

なんでそんなことが可能なのかってことについては、スポーツ新聞にたま〜にちらっと書かれていることがあるので、どうやらビリー・ビーンの選手獲得基準やら試合での戦術やらの文法が今までの野球の常識とはだいぶ違うらしい、ということを漠然と知ってはいました。それがとりわけ出塁率に重点を置いているということも聞いてはいました。

で、興味はあったので、このビリー・ビーンを扱った本を読みました。感想としては、端的に言って野球を見る目線が全然変わってしまう本です。ビリー・ビーンは主に出塁率長打率を重視していて、バント盗塁はご法度なんですね。そして、それらのことをデータから割り出してきていて、実際にそれで勝っているわけです。ほほー。すげえ。
posted by キャラメル at 12:19| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月30日

DVDの他に、どういう内外価格差のデカイ商品があるかについて思い出してみた

昨日、北米版のDVD安いよねってゆー今更な話題を書きました。で、他にどういうもんがネット輸入すると安かったっけなあってことについて思い出そうとしてみたんです。で、思い出しました。
プロテインとかそういう筋トレ関連の経口商品が安いです。僕のblog読んでくれてる人には興味ない人が多そうなイメージの話ではありますが(笑)。

日本でプロテインを買うと、大体、500グラムで3000円くらいのものが多いです
一方、アメリカのサイトで買うと、大体、5パウンド(2.3キログラム)で3000円しない商品が多いです

五分の一くらいの価格なんですね。もちろん郵送料はかかりますが。

ただ、注意すべきことが一つ
日本のプロテインも不味いヤツは多いんですが、アメリカ製のプロテインはもっと洒落にならない味のモノがあります。特に、ストロベリー味は飲んだそばから吐き出しかねない味なので、絶対注文するのはやめましょう。そういうのをまとめて5キロ分くらい注文した日には、泣くに泣けません。まあ、早い話、実体験なんですがね
posted by キャラメル at 11:19| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月25日

山本“KID”徳郁 K-1 WORLD MAX 2004 〜日本代表決定トーナメント〜

boutreviewの記事

しかし、山本選手、まさか立ち技だけであんな強いとは思わなかった。顔もいかにも格闘技向きな邪悪さだったし(いや、カッコイイんだけどさ)。

山本といえば…

ストリートファイト話がよく人づてに聞こえてくるんだよね。なんでケンカ売っちゃうかなあ、山本選手に。背が低いところに騙されるのかな。

たしかに、見るからにクソ生意気そうでもあるので、そのへんでケンカになるのかしら。修斗でデビューした時から鳴り物入りで、実際強かったんだけど、なんか友達になりたいタイプじゃないなあ。とはいえ、強い格闘家は全員好きな僕としては、山本選手なんて大好きなんだけど。

山本選手で思い出した。
修斗バンタム級の強豪、漆谷選手が、あるときに楽園ホールの控え室だったか通路だったかで、山本選手に、

タメ口で話しかけたら、いきなり殴られたって事件があったんだよね。漆谷も困るよね。まあ、いきなり初対面でタメ口ってとこに山本選手は怒ったんだろうけど…。

もう一つ、
山本選手って、ボクシングミドル級・東洋太平洋チャンピオンにケンカで勝ったことがある。

タックル→マウント→マウントパンチ→チョーク

だったとか(笑)。
で、体格もかなりでかい相手のボクサーは、その結果に納得しなかったらしくて、もう一度その場でケンカを申し込んだら、

タックル→マウント→マウントパンチ→チョーク

という同じ手口でまた負けたって(笑)。
続きを読む
posted by キャラメル at 23:44| Comment(1) | TrackBack(2) | スポーツ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。