2005年04月01日

<伝言>

このエントリは、一人の人への伝言なので、他の人は読んでも意味が分からないと思います。というか、その人以外が読んでも意味がないので、流してください。続きを読む
posted by キャラメル at 23:12| 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

二年くらい連絡が途絶えていた友達からメールがきたものの、

こんな内容でした。

『ものの見事』『ものみの塔』て似てるょね
川*'〜')ウフフ


…(^_^;)??
posted by キャラメル at 10:12| Comment(11) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

それにしても、

女友達の話を書いたときと、男友達の話を書いたときの、コメント欄のリアクション量の格段の差はなんなんだ_| ̄|○
posted by キャラメル at 21:43| Comment(18) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

ハーレーダヴィッドソン&マルボロマン

友達カテゴリで女友達のことばかり書いていたら、コメント欄で「女友達ばっかりなんですね」とか書かれてしまったので、今日は男友達の話を書きます。

中学時代からの友達のは以下の通りの男です。

ハーレー乗り
・吸ってるタバコはマルボロ
・着メロは『Born to be wild』

・常にオールバック
・マイダーツセットを常時携帯
・なんかゴツイ指輪とかしてる

・口癖は、「ああ、そういうヤツ、バイク仲間にいるよ」

端的に言ってチンピラです。どこのヘルズエンジェルズなんだお前は。彼ほど『形から入る』って言葉がピッタリの男を他に知りません。

昔からチンピラだったし、今でもチンピラです。どんなに人がいない路地で道に迷っても、こいつにだけは道を聞きたくない。そんなタイプです。

さて、共通の友人の一人(H)と先日飲みました。
そのとき、僕との間で交わされた会話。

「つか、この前、に偶然会ったよ。電車の中で」
「ほー」
「全然かわんないのねアイツ」
「丸くならないよね」

「朝の電車だから、やや混んでたんだけど、隣のオッサンにぶつかられたらしいんだよね。Sが」
「ああ、それはマズイね。危険物処理班を呼んでくれ
「案の定、物凄い絡み方をしてたねオッサンに。今思い出しても、実に堂々たる絡みっぷりだったよ。でもさ、混んでる電車だぜ? そりゃぶつかるだろうよ。毎回、いちいち怒るのかアイツ


数日後、今度はとバッタリ会いました。

「この前、Hと飲んだんだけど、お前が電車の中でオッサンに超絡んでてマイッタって言ってたぞ」
「H?……ああ、会ったね。絡んだ? 俺が? ………わかんねえ。覚えてねえわ

やはり、いちいち個別の出来事を覚えていないくらい日常的に他人に絡んでるみたいです。

ちなみに、Hはこんなことを言ってました。

「Sってさ、俺らの場合、昔から知り合いだから普通に付き合ってるけど、アイツと新たに知り合いたくはないよな」

それはそのとおりです。今でこそ、Sはわりとシャイで僕らの間ではかなりのイヂラレキャラになっているものの。。
posted by キャラメル at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

『夜叉ヶ池』を観に行ったMとの会話

『夜叉ヶ池』は、三池崇史(演出)×長塚圭史(脚色)×会田誠(美術)って感じで、いやに豪華なスタッフ(キャストも)の舞台です。

さておき、この舞台を観てきたMが世迷いごとを言い出しました。

『夜叉が池』はかなり良かったよ。これからは、純愛に生きていこうと思うよ田舎にひっそりと暮らして一人の人だけを一生愛するんだよ。『私は命の為に恋を捨てたりはしない!』ああなんて感動的なセリフだろー」


「田舎にひっそり…Mは間違いなく一ヶ月で飽きそう( ´Д`)
 しかも、飽きた頃に別の田舎男に手を出すんだよ。でも東京でいろんな男をモテ遊ぶのと違って、超閉鎖的な村なもんだから、ドッグヴィルのキッドマンみたいになって、しかも柳の下美人三姉妹の末っ子が逆釣りで殺されてて、寺の住職「きちがいじゃが仕方ない」とか謎めいたことを言われるんだょ。
 しかもただでさえ、しゃべらなくてもMは目立つのに、田舎だったらなお目立つから、40歳童貞の臭い農夫とかに納屋で襲われるんだよ。
 そして散々暴れて村の秩序を乱したMは、100年後には、ワシ鼻色白のテングとして村の伝説になり、テング様の怒りを鎮める祭りが、凶作の年に催されて、民族学者のフィールドワークの対象になるんだょ」


「…人の夢をこわすなー! 
  しかも話をごっちゃにするなー!」



めずらしくMに勝った気分でした(^_^;)
posted by キャラメル at 21:58| Comment(19) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

女性関係で揉めている友達のメールの代筆

今日は、女性関係で揉めてる友達(男性)から、メール代筆の依頼がありました。
時々、こういうのを頼まれるコトがあります。

今回のコンセプトは、
@誤解を解消しつつ、
A重い印象を与えず、
B誠実な印象を与える

というものでした

うまくいったかは不明(^_^;)

気分はすっかりシラノ・ド・ベルジュラックです(^_^;)
続きを読む
posted by キャラメル at 23:01| Comment(11) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

Mとの出会いについて

久しぶりにMの話です。
そうは言っても、Mネタを多くエントリしてたのは一ヶ月以上前のことですから、分からないかたのために過去ログをまず貼っておきますね。

満員電車内の友達から電話がかかってきた話
Mの話
妹からメールが来たMについて
Mの発言を色々と思い返してみたら、一時間に三回の謎が簡単に解けた_| ̄|○

さて、
その昔、僕が一人で渋谷を歩いていると、高校時代の友達(男)にバッタリ出会いました。

彼女らしき女性と一緒です。

友達「おお。久しぶり」
「ありゃ。何年ぶりだよ?」

5年ぶりでした。

友達「おいおい懐かしいな。今度飲もうぜ。連絡先教えてくれよ
「うん。いいよ。じゃ言うよ?」

友達「ちょっと待って。実は今、超トイレ行きたくて、トイレ行く途中なんだよ。こっち(連れの女性)に俺の連絡先聞いておいてくれる? ちょっとトイレ行ってくるから、その間に」
「了解」

「トということなので、彼の連絡先を教えていただけますか?」
連れの女性「はい。分かりました。それじゃあ言いますよ?」

という感じで連絡先を聞きました。
その後、彼がトイレから帰ってきたので、軽く近況を報告しあったあと分かれました。

次の日に、教えてもらった携帯アドレスに向けて、さっそく携帯メールを送ってみました。 携帯メールのやりとりはなかなか楽しくて、どうやら映画の趣味など、色々と話が合いそうな感じです。彼とは、高校時代はあんまり趣味の話をしたことがなかったので、ちょっとビックリです。

半月ほど経って、飲む約束の日を設定しました。
約束の時間に間に合うように渋谷に行ってみると、彼は来ていません。
しばらく待ってみました。
すると、
続きを読む
posted by キャラメル at 21:34| Comment(13) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

ラビアネタで出てきた男友達Uについて

ラビアネタで出てきたUの話です。

Uは大学の演劇団体時代の友達です。
一緒に戯曲書いたりしてました。

このU、とにかく遅筆なんです。
でもUの場合、遅筆より問題視されていたことがあります。

何なのかというと、Uの書く戯曲のト書きがヒドイんです。

実際にあった、Uが公演開始三日前に書き足した脚本のト書き例

・ここでキャラメルママ、足を外す。

そんな芸当は物理的に不可能です。

・ト言いつつ、キャラメルママ咆哮する。

前後の脈絡がないし、そもそも僕に咆哮させないでくれ。

・キャラメルママ、鮭を一本丸ごとお土産として持ちながら登場。

鮭一本ってわりと高いんですが、それを公演三日前に言い出して、予算に組み入れさせて、用意しろと?

・キャラメルママ、唐突に七色に光る。

うん。唐突すぎるし、物理的にもムリです。

てか、なんで全部僕に関するト書きなんだ。

ト書き以外にも、公演前日にいきなり2ページに渡る長ゼリフを書いてきたりするんですよ。このUという男は。
続きを読む
posted by キャラメル at 00:35| Comment(12) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

友達Uから来たメール

今回登場の友達U男性、20代です。そういえば、男友達の話を書くのは珍しいかもしれませんね(^_^;)

僕は昨日、このUにメールを書きました。
その内容は、

マイケル・ムーアのデビュー作『ロジャー&ミー』は、ウサギ肉売りのおばちゃんが、とても芳ばしいキャラクタで凄い。

『ヴィレッジ』は評判悪いぞ。

『モンスター』は友達みんな誉めてる。

・この前URLを送った、オービタルのライヴ音源どうだった?

<それに対する、Uの返答>

ヴィレッジシャマランのね!見ようと思ってたやつだ;俺は他人のレビューは鵜呑みにする方だから早速行かないことにしたぜ!

・関係ないけどさあ(共通の友達・女性・20代)が、長年愛人やってた男と別れて、ケジメをつけるためにラビアにピアス開けましたってメールを送ってきたんだが、どうする?
そんな、ビール冷えてますみたいなこと言われてもなあ、どうよ!?

Σ(゜ロ゜)
posted by キャラメル at 18:00| Comment(34) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月31日

M以外の友達の話

昨日、久々に友達Y(女性・20代前半・未婚)から電話がかかってきました。

その友達は、見た目で言うと、『ミニモニが、なんだかギャルになっちゃったような感じの人』です。

で、彼女の今の仕事は土日が一番忙しいので、「なかなか友達と遊ぶ時間がない」とか言ってるわけです。僕自身はというと、彼女とはかれこれ一年以上会ってないので、話の流れ的に、

「じゃあ、今度メシでも食う?」

みたいなことを言ってみたんです。
そしたら彼女、

「ん〜。それがさー。最近、太っちゃって、会うの恥ずかしいんだよね…」
とか言い出した。

だけど、別に彼女が多少太ろうが痩せようが、
こちらとしては全然関係ないわけですよ。
別にロマンチックな関係じゃないし。

でも、なんだか本気でイヤそうなんで、
尋ねてみました。ストレートに。

「ん? で? 具体的には何キロ太ったんだ?」

そしたら彼女、延々と、20世紀初頭における欧米列強の帝国主義的膨張主義の話をするんです。てか、全然具体的な数値の話じゃないし。

でも一応話を聞いてると、なんだか話のポイントは『人間の膨張志向について』かなんからしいんですよ。

この時点で僕としても、これはそうとう太ったんだなと思ったわけです。でも、なかなか数値を言わないから、別の角度から質問してみました。

「今でも増え続けてるの?」

Y「んー。体重増加率は逓減してる」

わざわざ経済学用語を使う場面なのかよ、という突っ込みはさておいて、まあ、再び確信に迫ってみました。

「で? 何キロ増えたわけ?」

Y「…20キロ」

Σ(゜ロ゜)

「ヲイヲイ。それって別人じゃん。どんな増量キャンペーンなんだソレは一体。ウェイトクラスが5個以上も上がってるじゃんか。ボクシングで言わせてもらうと」

Y「別人28号だよ」

「つーか、待て待て、お前早くもデブ特有のクソ面白くもない自虐ギャグとか自然に身に付けちゃって違和感ナシじゃん」

Y「指差されるくらいのデブだよ」

「明日絶対blogに書いてやる!」

Y「好きに書いて良いよ」

「え、良いんだ」

Y「むしろ楽しみ」

「Y、お前、太っ腹だな」

Y「微妙にうまいこと言っちゃってんじゃないよ!」
posted by キャラメル at 22:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

Mの発言を色々と思い返してみたら、一時間に三回の謎が簡単に解けた_| ̄|○

最近しばしば登場しているM(女性・既婚)の話です。
一番最初にMが登場したこのエントリの中に、Mの発言として、

「昨日、一時間半に三回シタから、まだ大丈夫だと思う!!」

というのがありました。

これについて、色々とコメント欄で熱い議論が交わされていたんですが、今までのMの発言を振り返ってみると、なんだか合点がいくんですよ。

<Mの発言集>

前戯する暇があったらサッサと挿れろ!! って思う」

「首筋とか舐められても、シーツで拭っちゃうもん。とっとと挿れろって感じ!?」

「前戯をネチネチされると萎えるんだよね。バカじゃないの? って思っちゃう

「相手がイクのを見てるのが好きなんだよねアタシ!!」

「だいたい、アタシを前にして24時間欲情し続けられない男なんてありえないよね」

「アタシと付き合った男は全員セックスに溺れたね!

…_| ̄|○

このblogでMネタを扱ってると、いつの間にかエロblogみたいになってるのはどうしたものか
…_| ̄|○
posted by キャラメル at 12:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月28日

『水野晴郎シネマ館』ってどこに行ったら売ってるんだよ、ということに加えてMの話

jesusさんが『水野晴郎シネマ館』を、全10種類、大人買いしたって書いてるのを読んで、既に発売開始されてるってことが分かりました。

が、これが何だか、どこに行ったら売ってるのかサッパリです。
誰か教えてください。

近所のファミリーマートに行ったら、
かろうじて『アンナ・カレーニナ』だけ売ってました。

あまりにも手に入らないので、会う友達会う友達みんなに、手に入らないって話をしてました。そうしたら、最近、よくこのblogのネタになっている友達のMからメールが届きました。

以下、引用(本人の許可を取ってます)


きのう、キャラメルママのせいで、それ(水野晴郎のシネマ館)を買う夢をみた!

しかも水野本人が呼び込みしてんの!
東急ハンズでだよ!

ただ、その映画が『たけくらべ』で渋すぎって思って
最後のひとつで、しかも百円引きだったんだけど買うのやめたのよ。

渋谷のハンズで水野、黄色のエプロンしてて結構必死なのよ。

でも若者達はそんな水野をシカトして通りすぎてくの!

可哀相になった私は、
「水野さん、私知ってますよあなたのそのお菓子の件、友達から聞いてますもん」

って手にとったところが『たけくらべ』!

だからこれだけが売れ残っちゃったんだと納得しつつ冷たく立ち去ってやったよ(`´)

ホントに貴重な夢タイムなのにたいして意味もない得るものもないさして楽しくも苦しくもない夢見ちゃったじゃんか〜ばか!!




…たけくらべ(^_^;)

てか、水野晴郎のシネマ館は全種類洋画だし。。
posted by キャラメル at 19:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月26日

妹からメールが来たMについて

Mには妹がいるんですが、どうも、その妹さんもこのblogをタマに見てくれているらしいんです。

妹さんが、ここ数日のエントリを読んで、
「M=姉に違いない」って気付いたとか。
で、妹さんはMにメールを書きました。

妹「てか、お姉ちゃんMでしょ!?」

M「ん? てか、あたしはどっちかというとSなんだけど!!」

…全然コミュニケーションとれてないし_| ̄|○

<余談>

・Mからクレームがきました。曰く
「キャラメルママが書くあたしって、なんか下品じゃない!?」

うん。これはたしかにそう。
本物はとくに下品な印象はないんですよね。不思議。
posted by キャラメル at 20:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

Mの話

以前、満員電車内の友達から電話がかかってきた話ってのを書きました。
あれはMの話だったんですけど、
今度もまたMの話です。


Mは、
Gカップ、超色白(でも性格は腹黒)、
肌が無闇に強い、酒に異常に強い、
細い、股下長い

って人です。

このM、数ヶ月前に急に言い出しました。

M「最近、どうも果物柄の服がキテる気がするんだけど!!」
僕「初耳だがな」

M「いや、単なるカンだけどさ。ほら、アタシのカンって物凄い当たるじゃない!?」
僕「まあね」
M「ちょっとしばらく果物グッズ集めてみるわ!」

そんな会話が交わされた数日後、
画像が添付された携帯メール何通も届きました。

<一通目の画像>

やたらでかいパイナップルの絵が描かれたワンピースを着たM。
ノーブラ。

<書かれていた文章>

「デカイでしょ!?」

…デカイってどっちが?_| ̄|○

<二通目の画像>

リンゴの絵がでかく描かれたシャツを着たM。
ノーブラ。

<書かれていた文章>

「芯まで食べてね☆」

…_| ̄|○

<三通目の画像>

チェリーの絵が描かれたキャミソールを着たM。
ノーブラ。

<書かれていた文章>

「…チェリーな気分☆」

…_| ̄|○

<四通目の画像>

イチゴが描かれたワンピースを着たM。
ノーブラ。

<書かれていた文章>

「たっぷりミルクをかけてね!☆」

_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
posted by キャラメル at 17:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

友達から電話がかかってきた話 (2・下)

このエントリの続きです。

僕「んー。じゃあねー、Kの住んでる区のタウン誌ってあるよね?」
K「さー。どーだろ」

僕「いや、絶対あるって。で、僕がさ、そのタウン誌の仕事を請け負ったってことにするのはどう?」
K「でんでん話が見えてこないんだけど」

僕「そのタウン誌の仕事の内容ってのが、『美味しい店の紹介』かなんかでさ、僕が店の取材をしなきゃいけないことになったわけ」
K「ほほー」

僕「でも僕は、その区の住人じゃないから、どんな店があるか分からないわけだ。だから、Kから色々と情報を得るために、Kの家を訪問する僕
K「そして二人は恋に落ちたト」

僕「それじゃ本当に不倫だし!」
K「冗談だよ。続けてよ」

僕「Kから色々と話を聞いてみた僕。なかなか有意義な『美味しい店情報』を得られたわけだ。で、引き続き、同じ区に住んでるKの友達からも色々と『美味しい店情報』を聞くために、Kにそういう人たちを紹介してもらうわけ」

K「つまり初日はアタシに話を聞くためにウチを訪問。それから数日はアタシの友達に話を聞くためにウチを訪問しつづけたト」

僕「そうそう」
K「でも、それじゃあキャラメルママが一ヶ月も通い詰めだった理由の説明としては辛くない?」

僕「そだね。で、もういっちょウソ話が必要になってくるわけさ」
K「このウソツキ」

…_| ̄|○

僕「…でだね、僕の彼女がKと同じ**区に住んでるわけだ」
K「住んでるの?」
僕「住んでないって! ウソだって言ってるだろうがよー」
K「なーんだ」

僕「で、僕はいつも彼女のウチに自動車で行ってたわけだ。でも、彼女のウチには駐車場がないから、僕は、いつも駐車場所に困っていたわけ
K「ほうほう」

僕「そして、Kのウチに話を聞くために行ってみた時に、Kの旦那は長期出張だから、いつも駐車場が空きっぱなしだってことを知る僕。しかも、Kの家と僕の彼女の家が超近いってことも判明」
K「つまり、キャラメルママが彼女の家に遊びに行くときに、毎回、アタシの家の駐車場を借りていたと」

僕「そそ。以上」
K「ウソ臭くない?」

僕「ウソ臭いけど、ウソつかなきゃどうにもならん状況じゃん!」
K「まあねー」

僕「今テキトーに作った話の細部に問題がないか、オサライしてみよう」
K「うん……あ、やばっ。旦那帰ってきた!」(小声)

僕「マヂでっ!Σ(゜ロ゜)じゃあ仕方ないから今の話でテキトーにがんばってよ!!」
K「ヲウ!」

…10分後

再びKの携帯から僕に電話。
正直、旦那がかけてきたと思いましたね。

ものすごいヨソユキの声を出してしまいましたよ。
でもK本人からでした。

K「いやー。信じてくれたよ☆」
僕「よくあんな話信じたなー」
posted by キャラメル at 20:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月21日

友達から電話がかかってきた話 (2・上)

数日前にエントリした『満員電車内の友達から電話がかかってきた話』とは別に人の話です。

夜、東京23区内のマンション在住の友達K(女性・既婚)から電話がかかってきました。

K「やばいかもっ」
僕「なんだイキナリ」

K「あのね、ほらアタシ不倫してんじゃん?
僕「んむ」

K「でもって旦那、今、長期出張中じゃん?
僕「知ってるよ」

K「だもんだから、あたし、J(愛人)を自宅に連れ込みまくってたのよ
僕「言ってたね」

K「で、昨日からウチのマンションの駐車場が工事中なのね」
僕「ふむふむ」

K「それ知らなくて、ウチの駐車場にJの車を一ヶ月間くらいずっと停めてたのね。夜来て、朝帰るみたいのを繰り返してたから」
僕「ほほー。ヤな予感」

K「工事中は車をドケなきゃいけないって知らなかったわけ」
僕「…」

K「それで、マンションの管理人が怒っちゃってさ。ウチに電話してきてたらしいんだわ。車をどかせろって。でもあたしって電話出ないじゃん? 基本的に」
僕「すっごいヤな予感」

K「ふふふ。なんかね、管理人、ウチに電話が繋がらないものだから、あたしの実家に電話かけて、旦那の携帯電話の番号を聞きだしたらしいんだわ」
僕「んがー」

K「電話を受けた旦那、当然激怒。だって自分が出張中に、全然知らないベンツがずっと駐車場に停まってて、思い切りウチから朝帰りしてる奴がいたわけだから
僕「のっぴきならない展開であるト」

K「さっき旦那からあたしに電話があって、言われちゃった。『あとでオレが帰った後、じっくりとこの件については説明を聞かせてもらうから!』って」
僕「絶賛引火中であるト」

K「なに他人事みたいな声出してんの!?」
僕「いや他人事だし」

K「旦那が、あと15分くらいで帰ってくるんだけど、それまでにキャラメルママが『旦那向けの合理的な言い訳』考えてくれなきゃ、あたし浮気バレちゃう
僕「15分!?」

K「そう」
僕「てか何で僕が考えるなきゃならんのよ!?」

K「そういうテキトーなウソ話、得意じゃんキャラメルママ」
僕「だって、一ヶ月間にも渡って、旦那が出張中に、人妻宅をベンツで夜な夜な訪問して朝帰りしていく男がいるってことまでバレてんのに、言い逃れの合理的な言い訳を考えろってそんなムチャな」

K「あたし、思いつかないし。浮気バレそうになったら、あたしキャラメルママの名前出しちゃうかもよいや、多分出しちゃう
僕「関係ないじゃんオレ!」

K「旦那、浮気なんて突き止めたら、絶対、浮気相手と直談判しちゃうタイプだから、キャラメルママみたいな涼しい顔で大嘘ついて言い逃れできるような元演劇団体代表が必要なのよ」
僕「…え”まさか本気? てかこんな言い合いしてる間にあと10分切ってるし

K「だから〜考えてよ☆ ウチの旦那と直接対決したくないでしょ。キャラメルママ?」
僕「チョット待てチョット待て! わかった考えるから!!」

…続く
posted by キャラメル at 22:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月17日

満員電車内の友達から電話がかかってきた話

数日前、友達のM(女性・既婚)から電話がかかってきました。
明らかに電車の中っぽい音が聞こえます。

僕「ん。電車の中?」
M「うん。終電!超満員!ギチギチ!!」

僕「…その状態で電話してんだ」
M「まあね。悪い!?」

…悪いと思うけど_| ̄|○

M「てかさ!あたしUさん(職場の上司・既婚)と寝るのヤメタわ!」
僕「なんで? 超寝る気満々だったじゃん」
M「だって、彼、月の小遣いが3万円なんだよ!? ホテル泊まれないじゃん!!」

…_| ̄|○

M「まあ、外とかでも良いんだけどさ!!」

…_| ̄|○

僕「アレは? 愛人Sは? 最近、愛が冷めてきたとか言ってたけど」
M「昨日、一時間半に三回シタから、まだ大丈夫だと思う!!」

…_| ̄|○

M「キャラメルママは、例のヴィヴィアンばっかり着てるパンキーな変な女はどうしたのよ!?」
僕「誰だソレ。知らないぞ。そんな女」
M「てかね、絶対あの女より私の方がカラダ10倍はイイよね!!??」
僕「…知らないってそんなこたあ」

M「じゃあ、アレは**に住んでるCは!?」
僕「Cは単なる友達だと何度言ったら分かるんだってばさ」
M「今度、Cと三人でしようよ!!!」
僕「…てかM、今、完全に酔ってるだろ」
M「酔ってないって!! ワイン二本一人で空けただけだし!」

…_| ̄|○

僕「…そもそもさあ、そんな大声で満員電車の中で猥談してて平気なの?」

M「平気だよ!! 周りの人、全員あたしのこと見てるけど!!

…_| ̄|○
posted by キャラメル at 20:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月20日

友達Tのこと

友達同士で、相手のことを知らない人に、その人を紹介する文章を書いてみるって遊びは楽しいのではないかと思いつき、さっそく一人の友達について書いてみました。

「大阪弁ずーずーで北朝鮮マニアでマフィ似の二十六歳女キッチンドリンカーで肝臓をいわしつつ、もちまえの人なつこさと、とりわけマニア受けと評判のルックスで、男を酒のつまみとばかりに、つまみ食いしほうだい。イイ男が現れるとあっさり彼氏を捨てるという手癖の悪いわらしべ長者三角関係の修羅場が三度のメシより好き。二股は当たり前という同時多発エロでM。なぜか歴代彼氏がみんなストーカーになっている。好みのタイプは大槻ケンヂ。ヲタ男に超モテる。一体、普通の男性にはどうやったら萌えられるのか研究中の学徒。片付けられない女予備軍」

…こう書くとメチャクチャだな _| ̄|○
ちなみにマフィってのは、キャラクタでそういうのがあるんです。普通知らないと思うけど。

posted by キャラメル at 18:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 友達について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。